北アルプス蓮華温泉から白馬岳 その2

2019年の山
10 /15 2019
10月10日(木) 天気:快晴
10日朝は4時前に自然に目が覚めた。
夜中にトイレに行く人なのか、テントの近くで話す人がいて
目が覚めてしばらく眠れなかったけれど、やはり山小屋よりもよく眠れた。

DSC04269.jpg
朝食はコーヒーとお餅入りの雑炊。
お餅は角餅ではなく鍋物用の薄いもの、すぐに火が通って山では便利だ。
ちなみに食器は軽量化のため100円ショップのプラスチック容器に替えた。

テントはそのままにして軽装で白馬岳に向かう。

この夏、立山でテントを残して山に行っている間に
テントから装備からすべて盗まれるという事件が2件もあったそうだ。
たぶん新しい人気のテントで、転売目的なのだろう。
ヒドイ世の中になったものだ…
これからはテン場にコインロッカーが必要になるかも。
少なくともテントにも名前でなくとも目印を書いたほうが良い。

うちのテントは買い替え時期かなというくらいなので盗まれることはないでしょ。
DSC04270.jpg
テントから外に出るとまだ薄暗かった。
ヘッドランプが必要なほどではない。

PA103547.jpg
白馬大池山荘から雷鳥坂を登る。
周囲はハイマツとチングルマなどのお花畑。
もう花は咲いていないけれど。

DSC04286.jpg
大池対岸の乗鞍岳から日が昇る。

DSC04289.jpg
これから登る小蓮華岳に朝陽が当たって赤くなる。

DSC04293.jpg
白馬大池を見下ろす。
遠くに見えるのは焼山、火打山、先月登った妙高山。

PA103580.jpg
南には遠く八ヶ岳と南アルプスが見える。

DSC04297.jpg
八ヶ岳の端っこに富士山が頭だけ出している。

DSC04302.jpg
下の方に目を転じると栂池自然園遊歩道や池が見える。

PA103596.jpg
白馬大池から1時間くらいで船越ノ頭。

PA103597.jpg
船越ノ頭ではまだ白馬岳は小蓮華岳に隠れ見えない。
小蓮華岳へ向かう登山道はゆったりして景色も良い。

DSC04309.jpg
白馬岳(右)が見えてきた。
真ん中は杓子岳と白馬鑓ヶ岳が重なっている。
左遠くに鹿島鑓ヶ岳の双耳峰が見える。

DSC04310.jpg
ズームすると鹿島鑓の隣に槍ヶ岳が見える。

DSC04311.jpg
白馬岳と杓子岳の間には剣岳と立山かな?

PA103607.jpg
白馬岳頂上から延びる白馬主稜。
ここに登ったのも2012年だった。
2012年、我ながらがんばった年だったのね。

PA103610.jpg
素晴らしい景色に励まされて船越ノ頭から小蓮華岳は短く感じられた。

DSC04315.jpg
小蓮華岳から日本海を見る。

ここまで前後して登ってきた方と写真を撮り合う。
ご夫婦と思ったら山友だそうでこれから雪倉岳・朝日岳へ向かうとか。
そして男性の方は70代後半で朝日岳で300名山完登になるとのこと。
わたし達なんてまだまだ「年だから」なんて言い訳はできないと思う。

DSC04320.jpg
小蓮華岳から三国境へ。
緩やかなアップダウンがある。

DSC04326.jpg
意外に時間がかかって三国境に着く。

DSC04324.jpg
三国境から続く栂海新道。
真ん中が雪倉岳、その左が朝日岳。
栂海新道も行きたいルートの一つ。

DSC04331.jpg
三国境からはやや急な登り。
ガレ場のようなところもある。

DSC04336.jpg
頂上手前は緩やかな登り。
右に剣岳を眺めながら。

PA103641.jpg
白馬岳頂上2932mに到着。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

どピーカン

雲ひとつない天気とはまさにこの事ですね! 空気も澄んでいるようですごい遠望がきいたのですね。これは登った甲斐がありましたよね。
栂海新道は私も気になっているところなのです。行ってみたいなぁ。

しかしテント盗難はいただけませんね。雷鳥沢と剣沢でしたか、同一犯でしょう。嫌な時代になりましたねぇ。。

Re: どピーカン

> 雲ひとつない天気とはまさにこの事ですね! 空気も澄んでいるようですごい遠望がきいたのですね。これは登った甲斐がありましたよね。
> 栂海新道は私も気になっているところなのです。行ってみたいなぁ。
>
> しかしテント盗難はいただけませんね。雷鳥沢と剣沢でしたか、同一犯でしょう。嫌な時代になりましたねぇ。。

本島に素晴らしい眺めでした!
特に剣岳はかっこよく見えました。
剣岳にももう1度登っておきたいです。

栂海新道や仙塩尾根、大キレットも若いころは縦走ってあまり眼中になかったので登り残しがたくさんあります。
これからテント泊は今回のようにベースキャンプとして張っておいて山に行くようにしようと考えていたので盗難は余計にショックでした。
警察も動いてないというのもひどい話です。

nincabe

学生時代から趣味の山登りを続けています。出産子育て中のお休みをのぞいても30年以上になります。
若いころのようながむしゃらさはなくなりましたが、今も月2回は山に行きます。

そんな山の記録を中心に綴っていきます。